「福祉」と「医療」の関係性について

現在の我が国において、「福祉」と「医療」とは切っても切れない密接な関係にあります。
そもそも「福祉」とは、万人の幸福や最低限の生活を保障する制度のことですが、この制度の対象となるのは、結局のところ「社会的弱者」と呼ばれる人々です。
これには、心身障害者や母子家庭、生活困窮者などが含まれますが、中でも大多数を占めているのは「高齢者」です。
超高齢化社会を迎えた我が国では、この「高齢者」が必要とするケア、すなわち介護や医療はどうしても避けては通れない問題です。
高齢者が増加すればするほど、国の財政に占める医療費の割合も増えて行きます。
この問題をいかにして解決に導くかが、今後の重要な課題となることは明白です。

医療服のメドーは刺繍も多色展開

愛知県名古屋市の頭痛外来は日だまり整体院

使用電力の半分を削減する方法

福祉医療費の対象となる人たち

詳細はコチラから

生活していく上で一部の人たちの支援として、福祉医療費があります。
これは、子供や障害者に片親家

福祉医療費の重要性について

詳細はコチラから

福祉医療費とは国民健康保険や社会保険などで診療を受けた時に、自己負担をしなければいけない診療費の一部

福祉医療の重要な役割

詳細はコチラから

福祉医療が大きな議論をよんでいます。
福祉医療費とは、国民が、医療機関などでかかった費用を公費

転職に活かせる福祉医療の資格

詳細はコチラから

福祉や医療の現場は人手不足が続いています。
今後も社会の高齢化は進みますので、福祉や医療の資格

スタッフの紹介

(1)福祉 医療について

生活していく上で一部の人たちの支援として、福祉医療費があります。
これは、子供や障害者に片親家

(2)福祉 医療について

福祉医療費とは国民健康保険や社会保険などで診療を受けた時に、自己負担をしなければいけない診療費の一部

(3)福祉 医療について

福祉医療が大きな議論をよんでいます。
福祉医療費とは、国民が、医療機関などでかかった費用を公費